抗がん剤の副作用は軽減できる|最新の科学の力

ナース
病院

薬効を高めて免疫もアップ

抗がん剤の使用中は、副作用を軽減しながら存分な効果を得るのが望ましいと言えます。ベストな時期に複数の治療を行うことで、このような理想的なアプローチが可能になります。免疫療法などは、抗がん剤の治療と上手に使い分けが出来る治療の1つです。

看護師

複数の治療で問題に対処

抗がん剤の副作用を軽減するために、今では色々な治療を組み合わせるアプローチが行われています。免疫療法などは、比較的よく知られているアプローチの1つです。点滴や漢方薬での治療は、より低料金で副作用の軽減を目指していける方法と言えます。

がん特有の痛みとは

ハートと聴診器

QOLの向上に関して

抗がん剤=悪という風潮があります。経験者の誰もが語りますが、吐き気や貧血などの副作用は想像を遥かに超えるものです。しかし、副作用を軽減させることでQOLは大幅に向上するはずです。日本の場合、がんを除去した後には抗がん剤治療が行われます。再発を予防するためですが、抗がん剤を適切に使うことで、がん特有の痛みやダルさを軽減出来ることは確かです。医師の技量が問われる場面であり、患者との信頼関係が一番大切となります。赤血球や血小板の減少も起こるため、対処の方法としては輸血を行うことになります。特に血小板が少なくなると、血が止まらなくなって内出血が治らなくなります。血液検査の数値を見極めながら、副作用に注視する必要があります。また、抗がん剤治療を始めると脱毛は避けて通れません。精神的なショックがあるので、あらかじめ坊主にしたりウィッグを用意しておくことで、ショックは軽減されるのではないでしょうか。感染症も起き易くなるので、口や肛門を清潔にしておくことです。うがい薬を使ってうがいを頻繁に行って、排便の後にはウォシュレットを使用して下さい。菌の侵入を防ぐことが副作用に対処するベストな方法であり、出来ることは100%行いましょう。医師や看護師に相談すると、空気清浄機も設置してくれるはずです。少しの外出の際にも、マスクを着けることを忘れないで下さい。リスクを軽減させることが、治癒への第一歩だといえます。

カウンセリング

がん治療を楽にする

がん治療において抗がん剤を使用すると、正常な細胞にも影響を与えるので、さまざまな副作用が出る可能性があります。そしてこのような副作用を軽減するには、薬を使用することもできますが、患者さん自身が日常生活でいろいろと工夫してみることも大切です。