抗がん剤の副作用は軽減できる|最新の科学の力

救急車と補聴器

複数の治療で問題に対処

看護師

組み合わせで得られる効果

抗がん剤の副作用を軽減する方法は、様々な内科や外科のクリニックで試みられます。抗がん剤の副作用の表れ方には個人差がありますので、軽減する方法も個人に合わせてカスタマイズをすることが必要です。副作用を軽減するためのアプローチとして、現在試みられているのが、幾つかの治療を併用するという方法です。複数の治療を組み合わせて行うと、抗がん剤による副作用が軽減する場合があります。例えば、抗がん剤の副作用を軽減してくれる治療として現在注目されているのが、免疫細胞を利用した療法です。このような治療は、抗がん剤治療中に生じる体の不快感を減らす上でも期待が持たれています。体力を高めることで、それまで表れていた副作用が軽減する場合があるのが免疫療法の利点です。免疫療法は、いざ受けるとなると一定の費用が発生します。自由診療となり、自己負担額は約20万円から200万円前後と非常に幅広いです。大抵の場合、数回の治療を受けることになりますので、通院が1段落するまでは1年から1年半程度はかかります。ビタミン成分の点滴や漢方薬による治療は、よりリーズナブルにトライ出来る方法の1例です。医療機関の一部では、このような治療を診療に加えて、抗がん剤治療中の方の副作用を軽減する試みも行われます。毎月数千円から1万円前後で利用出来るケースが多く、経済的な負担が少ない治療です。状態に合わせて治療が行われるため、通院に要する期間などはその方が抱える症状によって違います。