抗がん剤の副作用は軽減できる|最新の科学の力

救急車と補聴器

がん治療を楽にする

カウンセリング

がんの治療としてよく行われるものに化学療法がありますが、この治療法で抗がん剤を使用した場合、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響を与え、副作用が起きることがあります。この場合は、抗がん剤の使用開始からの期間によって出やすい症状が変わってきますが、特に多い症状としては吐き気や嘔吐、口内炎、脱毛や手足のしびれなどが挙げられます。これらの副作用を軽減するためにまず行われるのは、抗がん剤の副作用の軽減を目的として作られた薬を飲むようにするということです。そして、最近の医学の進歩により、このような薬は以前に比べてかなり効果が上げられるようになってきました。ただ、この場合には個人差があり、全ての人に効くという訳ではないので、抗がん剤の副作用を減らすためには自分でも生活面での効果的な方法を考えた方が良いでしょう。自分で行う対策としては、吐き気、嘔吐の場合は食べる量を減らしたり、消化の良いものを摂るようにしたり、香水などの匂いのするものを避けたりするというようなことがあります。口内炎では歯磨きやうがいをしっかりと行って口の中を清潔に保ったり、刺激の強い食品を避けたり、水分を十分に補充して口内の乾燥を防いだりすることが効果的と言えます。脱毛の場合には、頭皮を清潔に保ち、負担をかけないようにすることが副作用の症状の軽減になると考えられます。また、手足のしびれに関しては、体を冷やさないようにして、入浴などで体を温めるようにすることが大切です。以上のように抗がん剤の副作用は、自分で工夫することである程度軽減する可能性があるので、これらを実践してみることをお勧めします。