抗がん剤の副作用は軽減できる|最新の科学の力

救急車と補聴器

薬効を高めて免疫もアップ

病院

ベストな時期を選んで治療

がん細胞を減らす目的で使用されているのが、抗がん剤です。ただ、抗がん剤の治療中に表れる様々な副作用は、多くの方が抱える悩みと言えます。従って、副作用の軽減に力を注ぐ医療機関が近ごろは非常に多いです。最近は、免疫療法と抗がん剤の治療の使い分けが、一部の医療機関で開始されます。抗がん剤での治療中は、がん細胞を減らすという薬の効果を最大限に得ながら、不快な副作用を軽減するのが理想です。このようなアプローチを実現するには、ベストな時期を見計らってそれぞれの治療を行うという方法が考えられます。抗がん剤での治療を行った後に、フォローとして免疫療法を受けるやり方が一般的には勧められています。免疫細胞を利用した治療は、アプローチの仕方にもバリエーションが見られます。どういった免疫細胞を使用するかによっても、ベストな時期は変わるの現実です。抗がん剤の副作用を軽減するだけでなく、薬本来の効き目も存分に得られるようにすることが、治療の1つテーマです。オーダーメイドで行われている昨今のがんの治療は、抗がん剤の種類はもちろん、使い方に関してもかなりの工夫が凝らせます。主治医と相談の上、他の治療が受けられる内科などを紹介してもらうことも可能で、複数の病院がタイアップして治療を行うスタイルが増えている状況です。副作用の軽減に関しても、相談出来る窓口が以前より多くなっており、快適に治療を受けられるような環境となりつつあります。